眠る方法ドットコムTOP > よく眠る方法とは? > ぐっすり眠る方法とは?

ぐっすり眠る方法は、どんなもの?

 
ぐっすり眠る方法というのは、存在するのでしょうか?

ぐっすり眠るということは、朝まで眠りが中断されずに、眠り続けることです。また浅い眠りではなく、深い眠りを取れるということです。またその睡眠は、朝起きたときに「心地よい眠りだった」と感じられるものでなければなりません。つまり、ぐっすり眠る方法を求める人は、あらゆる面から見て、快適な睡眠・安眠を求めているといえます。これは万人の願いといえるでしょう。

ぐっすり眠れた翌日は、前日の疲れが取れたと感じます。
それは寝ている間に、全身の細胞の修復作業が行なわれ、脳内の記憶の整理が着々と行なわれているからです。そのため、ぐっすり眠れた翌日は、心身ともに生まれ変わったような清新な気分になれるわけですね。

このように、熟睡して深い眠りを得ることは、翌日、元気に活動するために不可欠です。睡眠時間が短かったり、不眠症で寝不足になると、体と心が十分回復しないまま翌日を迎えることになります。そうなるとその日一日の質が低下してしまいます。このため、ぐっすり眠る方法というものが、とても大切になってくるわけです。眠りは無駄なものではなく、日中の活動を支える原動力なわけですね。

 


それでは活力の源となる、ぐっすり眠る方法には、どのようなものがあるのでしょうか?ぐっすり眠る条件として、まず眠りが深くなければなりません。夜中に目覚めてもいけません。朝早く目覚めすぎてもいけません。朝起きたときに熟睡感がなければいけません。

これらを全て満たす睡眠の条件とは、深い眠りにつく方法となります。
眠りが深ければ夜中に目覚めませんし、朝早く目覚めることもなくなります。眠りが深いのですから、当然熟睡感があるはずです。

グッスリ眠る方法は、深い睡眠を取れば実現できることがわかりました。
深い眠りとは、言い換えるとノンレム睡眠です。人は浅いレム睡眠と深いノンレム睡眠を、一晩のうちに交互に何回か繰り返しています。一般的には約90分周期で繰り返されます。

ノンレム睡眠が深ければ大脳が休まるために、とてもよく寝たと感じます。
いっぽうノンレム睡眠が浅く、第3、第4段階まで行かない場合、寝足りないと感じます。このときは浅いレム睡眠が多くなり、夢ばかり見て寝不足を感じるのです。

ぐっすり眠る方法は、ノンレム睡眠を深めればいいということがわかりました。
ノンレム睡眠は、大脳を機能ダウンさせて休ませると同時に、体のメンテナンスを行なっています。このとき脳下垂体から成長ホルモンが分泌されて、日中に傷んだ細胞の修復や新陳代謝、免疫力の増強が行なわれています。つまり日中に体をよく使い、体の疲労度が高いほど、ノンレム睡眠は深くなるということです。

 


このようにぐっすり眠る方法とは、実は簡単で、日中の覚醒度を高めることがポイントになります。運動量を増やせば、体の細胞を修復する作業量が増えます。そうなると成長ホルモンの分泌量が増えるので、比例して深い眠りを得ることができます。そのほか、運動をしたり太陽の光に当たると、体内にストレスホルモンが作られ、これが夜に睡眠物質へ変化します。これも睡眠中枢に作用して、深い眠りをもたらすことに一役買っているのです。

このことは、子供の眠りを考えればよくわかりますね。
子供の年代は、体を成長させる必要があるために、大量の成長ホルモンが分泌され、必然的に眠りが深くなることになります。昼間にだらだら過ごすのではなく、活動的に過ごしたり、強めの筋トレとかウォーキングに励むことが、効果的にぐっすり眠る方法となるのです。
不眠を解消するコツを知りたい方はこちら↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら